記事一覧

早漏(PE)と勃起不全(ED)

包茎が原因による早漏(PE)と勃起不全(ED)

包茎と早漏(PE)の関係

包茎の人は早漏になりやすいと言われています。厳密な医学的根拠には薄いという意見もありますが、包茎の場合には亀頭が包皮に覆われている状態であるために、亀頭部が刺激に弱い状態になっており、性交時に敏感になりすぎて射精が早くなってしまう傾向は確認されています。とはいっても包茎の人が即早漏になるわけでもありません。早漏の原因として大きいのは心因性のものです。包茎は恥ずかしいことと思うあまり、男性としての自信を失っており、女性との接触が足りないために、いざ性交渉となったときに必要以上に興奮状態に陥ってしまうことが大きな原因という意見もあります。包茎による自信喪失が早漏の原因である場合には、思い切って包茎手術を受けることも選択肢に入ってくるでしょう。

包茎と勃起不全(ED)の関係

包茎が勃起不全に関わることも多くあります。特に注意すべきなのは真性包茎の場合です。通常は包皮がかぶっているが、手で剥けば亀頭が露出するのは仮性包茎で、日本人に多いとされています。真性包茎の場合には、手で包皮を剥いても亀頭が露出しない包茎です。このとき、余った包皮が亀頭部を締め付けるために、充分な血流が送り込まれずに勃起が不充分になるケースが多いことが報告されています。勃起が不充分であるために膣内に挿入できるほどの硬度が得られず、性交渉は失敗しがちです。しかも多少の刺激だけですぐに射精してしまう早漏も併発していることも多くあります。かなり多くの男性が包茎を原因とする早漏(PE)と勃起不全(ED)を同時に抱えていることがあります。

真性包茎は手術を

日本の保険制度では、仮性包茎は保険がききません。あくまでも美容整形という位置づけです。包皮を剥くことは可能であるため、性交は可能であり性病の温床にもなりにくいと判断されています。しかし、真性包茎の場合には、性病のリスクもあるため保険が適用されることになっています。それだけ医学的にも危険な状態ということです。真性包茎の人は早漏や勃起不全を克服するためにも、手術を受けてみましょう。包茎を治せば必ず早漏や勃起不全が治るというわけではありませんが、精神的なプレッシャーやコンプレックスからは開放されます。勃起した陰茎の亀頭がしっかり露出した状態になれば精神的に余裕もできます。刺激にも慣れて早漏が改善する可能性があります。

-記事一覧

Copyright© 早漏ってなに?定義はあるの?なんでPEっていうの? , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.