記事一覧

勃起不全と早漏を同時に治療するには

早漏と勃起不全は合併症になることが多い

勃起不全と早漏の関係

EDと呼ばれる勃起不全を発症すると同時に早漏になりやすいと言われています。勃起力の低下が射精を早くする傾向があることは専門家の間でも指摘されています。EDは自分がそうではないと思っていても実際は軽度のEDということは非常に多くあります。たとえば性的刺激にペニスが勃起しないこと、調子が良ければ挿入できるがそうでないときがある場合、自慰では勃起可能だが女性を相手にした性行為では硬い勃起が得られないなどは軽度のEDです。この状態に陥ると、今度は射精に関する障害が現れてきます。遅漏になる人もいれば早漏になってしまう人もいます。一見すると勃起不全は遅漏になる傾向が強いと思われがちですが、勃起力の低下は、逆に亀頭を刺激から弱くしてしまい、結果的に早漏につながるケースは非常に多くあります。また、精神的なプレッシャーから射精を早めようという意識が働くことも多いと指摘されています。ED患者の約3分の1は早漏を同時に発症しているというデータもあります。

ED治療薬は早漏対策にも効果がある

バイアグラはED治療薬として世界的に有名な薬です。バイアグラ以外にもレビトラやシアリスなどのED治療薬が日本で販売されており、使用者が数多く存在します。バイアグラの愛用者からは早漏にも効果があったというのは良く言われていました。バイアグラは勃起の持続力の増大に効果があることは医学的に証明されています。ただし、早漏といっても様々な要因があるため、すべての早漏に効果があるわけではありません。勃起不全が早漏になる要因としてペニスの勃起力があります。陰茎はある程度の硬さが保たれていると刺激に対して強くなることが知られています。陰茎の硬さを維持することで早漏にも効果があると考えられます。

専門クリニックに行ってみよう

早漏やED、遅漏などの問題は専門のクリニックで相談してみましょう。特に合併症の場合には専門性が高いため、患者自身がネットなどで調査するには限界があります。たとえば挿入後に陰茎が萎えてしまうようになっているときは、無意識に焦りを覚えるようになります。心理的な圧迫は性行為においては大きな問題となります。性行為や射精は精神的でデリケートな問題ですので、心因性EDや心因性早漏では早めに専門医の診察を受けたほうが良いでしょう。単に経験を積めば治ると思って症状を放置していると、悪化する危険があります。

-記事一覧

Copyright© 早漏ってなに?定義はあるの?なんでPEっていうの? , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.